IPOで重要なブックビルディング (需要申告) とは?申込み方法や注意点を解説

IPO (新規公開株) 投資を始めようとしている人なら『ブックビルディング』と言われてもわからない人がほとんどだと思います。

IPOに申込むために重要になってくることなので、ここではブックビルディングについて詳しく解説したいと思います。

ブックビルディングとは?

正式名はブックビルディング方式で「需要申告」とも言われており、、IPO (新規公開株) を購入できる価格 『公募価格』を決定する方法です。

ブックビルディング前に、機関投資家などの専門家に意見聴取して、それを参考に上場する企業とIPOを取扱う主幹事証券会社との協議で仮となる価格『仮条件』が決定します。

仮条件の価格をもとにブックビルディングが開始されます。

仮条件の例
  • A社の仮条件の価格 1,500円~1,800円


1株の価格が提示されますが、IPOの申込みを行うには1単元 (100株) からの申込みが基本です。A社の仮条件1,500円~1800円×100株なので、IPOの申込みでは150,000円~180,000円の価格内となります。
※最近は1株からでも申込みができる証券会社もあります

このような感じでブックビルディングで仮条件の価格が提示されて、この価格の範囲内で投資家が購入したい価格でIPOの申込みを行い、ブックビルディング期間終了後に1番申込みの多かった価格で正式に公募価格が決定します。

IPOの申込みはブックビルディングの参加が必須

一般の個人投資家がIPOを購入するためには、購入したいIPO銘柄の抽選に参加して当選しないと購入できません。

IPO投資は簡単に利益が出やすい投資方法なので人気が高く、IPO株が欲しい投資家が多いため抽選で配分されるようになっています。

この抽選に参加するには、IPOの取扱いが決まった主幹事、幹事の証券会社からブックビルディング (需要申告) 期間内に、仮条件の価格をもとにして購入したい価格と株数を申込まないといけません。

そのため、ブックビルディングに参加することが抽選に参加できる必須条件となっています。

ブックビルディングの参加方法

IPOの取扱いが決まった証券会社によって、ブックビルディング申込時に購入資金の入金が必要だったり、ブックビルディングでは前受金 (購入資金) を入金していなくても申込みができて抽選参加ができるありがたい証券会社もあります。

基本は、ブックビルディング申込時に購入資金が必要になる証券会社が多いです。

購入資金が必要な証券会社を例にしたブックビルディング参加方法をみてみましょう。

ブックビルディング参加方法
  1. IPO銘柄A社の仮条件の価格が決定 1,500円~1,800円 (1株)
  2. ブックビルディングの開始
  3. 幹事証券会社に上限価格の180,000円を入金
  4. 価格1,800円で100株を申込み


株数は基本、1単元 (100株) からの申込みなので、1,800円で申込むなら×100株の180,000円が必要になります。
なお、仮条件の価格内で申込みできる価格は、30円や50円などの刻み値が決められています。例えば1550円、1600円、1650円、1700円、1750円、1800円となります。

ブックビルディング期間内に、価格と株数を指定して申込むだけで簡単ですね。

ブックビルディング終了後に公募価格が決定してから、公募価格以上で申込をした人を対象に抽選が行われます。

あとは抽選結果を待つだけになります。

ただ抽選対象になるためには、注意点があるので下記で説明します。

ブックビルディング参加の注意点

ブックビルディング期間

一般的にブックビルディング期間は約1週間ほどですが、証券会社によってブックビルディングの申込み期限が短くなっている証券会社があるので、必ず申込む証券会社で確認するように注意してください。

ブックビルディング期間内に申込みを行わないと抽選に参加できません。

抽選対象になるための申込み価格

ブックビルディングでの参加で、仮条件の上限価格以上で申込みを行わないと、ほぼ抽選対象外となり、抽選されることはありません。

ブックビルディング後に決定する「公募価格」以上で申込んだ人が抽選の対象になります。

  • A社の仮条件の価格 1,500円~1,800円


ブックビルディングで1,750円で申込みをしたとすると、1,750円以下でないと購入しない意思になります。
仮条件の1,800円で公募価格が決定すると、1,800円以上で申込みしている人の中で抽選が行われることになります。
なので、この場合は1,800円未満でブックビルディングの申込みをした人は抽選されません。

そして公募価格は、仮条件の上限価格 (1番高い価格) で決定することがほとんどになっているので、確実に抽選参加するには上限価格か成行 (決まった公募価格での購入意思) で申込みすることが重要です。

ちなみに、仮条件の上限価格で公募価格が決定しなかった場合は、『公募割れ』のリスクが高まったことになるので注意が必要です。

公募割れとは、上場して最初に値が付く『初値』の価格が、公募価格を下回ることをいいます。
IPO投資では初値で売却して利益を得る方法がメジャーなので、公募割れをしそうなIPOは申込みしないか、購入しないように注意しなければいけないことになります。

ブックビルディングの申込み単元 (株数)

ブックビルディングの参加は、証券会社によって申込み単元 (株数) を自由に選択できたり、申込みできる単元 (株数) は決められていたりとルールは違いますが、最低でも1単元 (100株) からの申込みと覚えておけば大丈夫です。

注意点は、ブックビルディングで複数単元 (200株以上) を申込して、その複数単元が当選したら、基本は当選した単元数を指定して購入することはできません。

すべての単元数を購入するか購入をキャンセルするしかありません。

A証券会社で、ブックビルディングの申込みを3単元 (300株) したとします。
抽選の結果、3単元 (300株) 当選しましたが、2単元 (200株) だけ購入したいという事ができません。
この場合は、3単元 (300株) すべて購入するか、購入を辞退 (キャンセル) するかの選択になります。

各証券会社では、ほぼこのようなルールになっているので、ブックビルディングの申込み単元 (株数) はよく考えて行うようにしましょう。

ちなみに人気のIPOは複数単元が当選することはほとんどありません。

まとめ

ブックビルディングについて解説してきました。

  • IPO投資でブックビルディングの参加は必須
  • 各証券会社のブックビルディング期間に注意
  • 申込みの内容は価格と株数
  • 価格は仮条件の上限価格で申込み
  • 株数は基本1単元 (100株) からの申込み

IPO株を購入するためには、抽選に参加して当選しないといけないので、重要なのはブックビルディングの申込みが必須になることです。

ブックビルディングの申込み自体は単純で難しくありませんが、抽選対象外にならないように、前述したブックビルディング参加の注意点は念頭においておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました