IPO当選の購入辞退(キャンセル)でペナルティがある証券会社は?ペナルティの内容などを解説

IPO投資はコツコツと抽選の申込を繰り返し当選できたら購入できる権利を与えられますが、必ず購入しないといけない訳ではなく、購入辞退(キャンセル)もできます。

基本は当選することが目的なので喜ぶところところがですが、当選したIPOが公募割れのリスクがでてきたり、IPOの購入に資金を使えなくなったりして、購入辞退を検討しなければならない事もあるでしょう。

しかし証券会社によっては当選後の購入辞退ができない『後期型』の抽選方式をとっているところや、購入辞退でペナルティが課されるところがあります。

現在はIPO当選の購入辞退(キャンセル)にペナルティを与える証券会社は4社ありますので、ペナルティの内容などを見ていきましょう。

購入申込期限内に購入申込を行わなかったり、購入申込忘れも購入辞退(キャンセル)扱いになります。

SMBC日興証券の購入辞退ペナルティ

SMBC日興証券でのIPO当選の購入キャンセルをしたペナルティは以下になります。

ペナルティ
  • 1ヵ月間のIPOの申込が不可能
  • 現在、抽選申込しているIPOはすべて取消

SMBC日興証券は主幹事の実績がトップクラスなので、IPOの申込が多い時期に1ヵ月間IPOの申込ができないことになると結構痛いです。

他に行っているIPOの抽選申込もすべて取消になりますが、当選してすでに購入申込を終えているIPOは取消されません。

SMBC日興証券の抽選結果は『当選』『補欠』しかありません。
なので補欠は落選とほぼ同じになります。
なお補欠の申込みもできますが、補欠の申込を行わなくてもペナルティは課されません。

購入申込期間内に購入申込をしなかった購入申込忘れも、購入申込辞退(キャンセル)の扱いになるので注意してください。

SMBC日興証券は主幹事になる回数がトップクラスなので、できればペナルティは避けたいところです。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の購入辞退ペナルティ

三菱UFJモルガン・スタンレー証券でのIPO当選の購入キャンセルをしたペナルティは以下になります。

ペナルティ
  • 1ヵ月間のIPOの申込が不可能
  • 現在、抽選申込しているIPOはすべて取消

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の当選結果は『当初当選』『次点』しかありません。
ややこしいですが『当初当選』が当選で、『次点』は補欠となります。
落選がなく、当初当選以外はすべて次点(補欠)となります。

ペナルティを受けるのは当初当選の購入申込のキャンセルだけになります。
購入申込期間内に購入申込をしなかった購入申込忘れも、購入申込辞退(キャンセル)の扱いになるので注意してください。

次点(補欠)での繰上当選で購入申込辞退や購入申込忘れ、資金不足での抽選対象外はペナルティにはなりません。追加当選、一部購入の場合もペナルティはありません。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の購入申込期間はかなり短い期間になっています。購入申込初日のAM8:00~翌営業日のAM3:00になっていて1日ぐらいの申込期間しかありませんので、必ず申込期限を確認するように注意してください。

私もこの申込期間の短さで購入申込を忘れてしまい、ペナルティを受けてしまったことがあります。

MTG(7806)と言うIPO銘柄で、サッカーで超有名なクリスティアーノ・ロナウドをCMで起用し、シックスパッドを販売している会社です。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の当選は初めてだったので、完全な申込期間の確認不足でした。
電話で問い合わせをして何とかならないか話しましたが、さすがに無理でしたね。
公募価格5,800円で初値価格が7,050円になり、100株の当選なので125,000円の利益を逃してしまいました…

岡三証券の購入辞退ペナルティ

岡三証券でのIPO当選の購入キャンセルをしたペナルティは以下になります。

ペナルティ
  • オンライントレードからのIPO申込が無期限で不可能

岡三証券のペナルティはオンライントレードでのIPO申込が今後できないようになるようです。

なお抽選申込をしたIPOが複数単元の当選があった場合、当選した複数単元すべてを購入申込しないとペナルティになります。

IPOの抽選参加に2単元(200株)申込をして、2単元(200株)当選。
購入申込時に1単元(100株)だけの申込をした。

ペナルティになる

コールセンターで抽選申込をした場合のみ、補欠当選があるようです。
この補欠当選の購入申込を行わなかった場合もペナルティになります。

購入申込期間に購入申込をしなかった購入申込忘れも、購入申込辞退(キャンセル)の扱いになるので注意してください。

岡三証券の購入申込期間はかなり短くなっています。オンライントレードでの抽選申込で当選した場合、購入申込が開始された初日のみとなっていますので、必ず購入申込日を確認するように注意してください。

岡三証券はかなり厳しいペナルティになっていますので特に注意が必要です。

岡三証券のIPO取扱実績は多いほうではありませんが、IPO投資で抽選の機会をなくすことは致命的です。
IPOの申込が無期限でできなくなるのは絶対に避けたいところですね。

ちなみに、名前が似ているグループ会社の岡三オンライン証券のルールではないので間違わないようにしてください。
岡三オンライン証券はペナルティがありません。

東洋証券の購入辞退ペナルティ

東洋証券でのIPO当選の購入キャンセルをしたペナルティは以下になります。

ペナルティ
  • 1ヵ月間のIPOの申込が不可能
  • 現在、抽選申込しているIPOはすべて取消

東洋証券でのペナルティは、1ヶ月間の抽選申込ができないのと、抽選申込中のすべての銘柄が無効になります。

購入申込期間に購入申込をしなかった購入申込忘れも、購入申込辞退(キャンセル)の扱いになるので注意してください。

補欠当選での購入申込を行わなかった場合はペナルティになりません。

東洋証券ではネットからのIPOの抽選申込は、主幹事になったときしかできません。
主幹事になるのはかなり少なめなので、購入辞退のペナルティは他の3社ほど気にすることはないかもしれません。

まとめ

IPOの購入辞退(キャンセル)でペナルティを受ける証券会社4社を紹介してきました。

IPO投資は人気が高く、限られた株数の配分を抽選で当選者を決定して、購入の権利を得られます。
そのため証券会社からしたら購入辞退(キャンセル)はあまりよくない行為と考えて、このようにペナルティを与えるんだと思います。

できれば抽選参加している人もキャンセルはしたくはないと思いますが、株式市場やIPO銘柄のよくない事柄がでたりして、公募割れのリスクが高まったりするとキャンセルを考えざるを得なくなります。(購入申込忘れは別として)

ペナルティを課す証券会社は、できる限り購入辞退(キャンセル)にならないように、慎重に考えて抽選申込をしたほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました