IPO株投資を始めるために・IPO承認から上場までの流れを解説

全く投資をやったことがない投資初心者の方だとIPO株投資を始めるには初めに色々と準備や、ある程度のルールを知っておかなければなりません。

専門用語がゴチャゴチャ出てくるので最初は難しく感じるかもしれませんが、ある程度頭に入れておけば大丈夫です。

IPO株を始めるには抽選に参加する必要がありますが、単純作業で少し慣れればまったく難しくはありません!

ここではIPO株投資を始めるための基本の流れをわかりやすく解説していきます。

IPO株を始めるためにまずは証券口座開設

IPO投資を始めるためには、証券口座を開設しないと始まりません。

IPO株は人気があるため抽選に参加して当選できれば、購入できる権利を獲得し購入できるようになる流れです。

IPO株を取り扱うのは証券会社となり、そのIPO銘柄を取り扱う各証券会社からしか申込むことができません。

IPO株を取り扱う各証券会社はある程度把握することができますが、IPO株の銘柄によってどの証券会社が『主幹事』『幹事』になるかわかりません。
『主幹事』、『幹事』に決まった各証券会社から申込むことになります。

『主幹事』は取り扱うIPO株の株数を多く割当てられます。そのため当選確率もそのぶん高くなりますので、主幹事の証券会社からの申込みは必須になります。

『幹事』は、主幹事に比べて株数の割当ては多くないですが、幹事になる証券会社は数社となります。

証券会社によって色々お得なルールが設けられていたりするので、できるだけ多くの証券会社から申込むのが当選確率を上げる基本です。

そのためIPO株を取り扱う証券会社の口座を初めにできるだけ多く開設しておくことが重要です。

口座を開設してIPO株の抽選に申し込むためには、IPO株の買付資金が必要になる証券会社がほとんどです。

証券会社によっては当選後の入金でよかったり、抽選申込時にの資金が必要など、いろいろとルールが違います。

IPOが承認されてから上場するまでの流れ

  1. 企業のIPOが承認
  2. IPO株の仮条件の決定
  3. ブックビルディング(需要申告)の開始
  4. 公募価格の決定
  5. 抽選、当選発表
  6. 購入申込
  7. 証券取引所に上場

企業のIPOが承認され上場までの流になります。
ひとつずつ解説していきます。

1. 企業のIPOが承認

厳しい審査をクリアした企業のIPOの承認が決まると、証券取引所(東証やジャスダックなど)への上場が認められ、企業のIPO株を引受ける証券会社、主幹事、幹事が決まります。
決定された主幹事、幹事の証券会社からIPO株購入のための抽選に申込むことになります。

ブックビルディング期間、抽選日、購入申込期間、上場日、株の公募数や売出株数などが確認できるようになります。

2. IPO株の価格、仮条件の決定

仮条件』の決定とは?

ブックビルディング期間中に申し込めるIPO株の価格の範囲を表します。
仮条件は、 機関投資家へ株価に対する意見聴取を行い、主幹事会社と新規に株式が公開される予定の企業との間で、きちんと協議を行なった上で主幹事が決定します。
ブックビルディング開始日の前日に決定する場合が多いです。

仮条件の価格の範囲は、例えば『1,320円~1,520円』みたいな感じで提示されます。

仮条件となる価格帯をもとにして、投資家は需要価格、あるいは株数を申告することになります。

3. ブックビルディング (需要申告) の開始

ここから、IPO投資家にとって重要になってきます。

ブックビルディング (BB) は需要申告とも呼ばれIPO株を取得するために重要な項目となります。

仮条件で決定した価格帯で、IPO株を取得するための抽選に申込む意思を示す期間になります。

実際、この期間に申込まないと抽選されないので、当選もないし購入することもできません

購入したいIPO株があれば期間内に価格と株数を決めて必ず申込みをしなければなりません!

一般的にブックビルディングの期間は約1週間です。

各幹事の証券会社によって期間が異なるので、必ず申込をする証券会社のHPで確認するようにしましょう

ブックビルディングについて下記の記事も参考にしてください。

4. 公募価格の決定

ブックビルディング期間が終了すると、各投資家のブックビルディング申込価格を基にして『公募価格』が決定されます。

『公募価格』は『公開価格』とも言われ、抽選で当選した投資家が購入できる価格になります。

ほとんどのIPO株が仮条件の上限価格で公募価格が決定されています。
仮条件の上限価格で決まらなかったIPO株は、公募割れの可能性があるので注意が必要です。
上場時に初めてつく価格を『初値』と言いますが、この初値が公募価格を下回る価格で決まることを『公募割れと言います。

5. 抽選、当選発表

公募価格が決まりいよいよ抽選、当選発表です!

抽選は公募価格以上の申込者が優先になるので、公募価格未満の申込者は、抽選対象外になります。

抽選の対象になるには仮条件の上限価格で申込むことが必要になります。

抽選日、当選発表日は各証券会社によって異なりますので、申込みをした証券会社のHP等で確認はしておきましょう。

6. 購入申込

抽選の結果、当選していれば購入申込期間内に購入する意思表示が必要です。
購入申込で当選したIPO株の取得が確定します。

7. 証券取引所に上場

各IPO株の決められた証券取引所で、設定されている上場日に上場することになります。
上場して初めて決まる初値が、公募価格で購入した価格より高くつくことがIPO株は多いので、初値で売却することで簡単に利益が出せることになります

まとめ


IPO株はたくさんの投資家に人気があるので抽選倍率は非常に高く、人気の銘柄や注目銘柄は特に当りづらくなります。

逆に株式募集の多い大規模な銘柄や、人気の無い銘柄は当たりやすかったりしますが、このような銘柄は公募割れの可能性もあるので注意が必要です。

当選しにくいIPO株ですが、できる限り当選確率を上げる方法もあります。

証券会社によって抽選参加のルールや当選確率を上げる方法が違いますので、詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました