主幹事証券会社とは?新規公開株 (IPO)で中心的な役割を果たす証券会社

新規上場 (IPO) を目指す企業にとって主幹事証券会社は、重要な役割をする証券会社です。

IPOをするためには、厳しい審査基準を満たして承認される必要があります。

主幹事証券会社は、企業が新規上場 (IPO) が承認されるように様々な準備や助言を行い、新規上場後もサポートすることになります。

IPO投資家にとっても、IPOの申込みを行うために主幹事証券会社は最も重要になってきます。

ここでは、主幹事証券会社の重要な役割や、IPO投資で主幹事証券会社が重要な理由を紹介していきます。

主幹事証券会社とは?

未上場企業がIPOを行うために複数の証券会社が関わることになります。

これに関わる証券会社を幹事証券会社といい、その中で中心となって最も重要な役割を行っていくのが主幹事証券会社となります。
主幹事は投資家にとってもリスクに関わる重要な役割を行っていくため、どの証券会社でも主幹事を務めれるわけではありません。

主幹事を務めるには、資本金の多さや主幹事の役割を問題なく行っていける実績などが必要で、あるていど主幹事を務める証券会社は決まっています。

通常、1つのIPO銘柄につき主幹事は1社ですが、IPOの規模が大きい場合などは、複数の証券会社が主幹事を務めることもあります。
幹事は、ほぼ複数の証券会社が務めます。

主幹事証券会社の役割など

主幹事は、IPOを目指す企業の上場前の準備から、上場後のサポートまで長い期間お付き合いすることになります。
詳しく理解する必要はありませんが、大まかに以下のような役割があります。

  • 上場承認の審査基準を満たすための指導や助言など様々な手続きをサポート
  • IPO (公募・売出) 株の引受け・販売
  • 引受け価格や仮条件および公募価格の算定
  • 上場後の資金調達やM&Aなどの指導・助言を行い幅広くサポート

以上のように主幹事証券会社は、新規上場承認されるための準備段階から上場後も企業が成長できるようにする役割を果たします。

主幹事証券会社が推薦するIPOになるわけですから、投資家の信頼を損なうような企業を上場させてしまうと主幹事証券会社の責任も問われ信頼を無くしてしまうので、厳しく審査を行い、また指導・助言をしてサポートしていくことになります。

なお、主幹事証券会社は多くのIPO株を引き受けます。

引き受けたIPO株は、投資家に販売する公募価格より安い価格で引き受けることになるので、その差額が主幹事証券会社の利益となります。

IPOの申込みは主幹事証券会社が重要

投資家にとっても主幹事証券会社は重要になります。

幹事証券会社の中で、主幹事になった証券会社が中心となってIPOをする企業の重要な役割をしていくこともあり、主幹事証券会社が1番多くIPO株を引き受けることになります。

引き受ける株数は、IPO株全体の80%~90%を主幹事が引き受けることになります。

実際の例として下記のIPO銘柄で確認してみましょう。

サンアスタリスク (4053)

  証券会社 割当株数 割当率
主幹事 大和証券 4,410,000株 91.30%
幹事 SMBC日興証券 126,000株 2.61%
みずほ証券 84,000株 1.74%
SBI証券 42,000株 0.87%
楽天証券 42,000株 0.87%
マネックス証券 42,000株 0.87%
東海東京証券 42,000株 0.87%
岡三証券 42,000株 0.87%

上記の通り、主幹事証券会社である大和証券の割当株数はダントツに多いですね。

このように割当株数が多くなる主幹事証券会社は、抽選で当選口数が多くなるため、必然的に当選確率も高くなります。

個人投資家は抽選に参加して当選しなければIPO株を購入することができません。そのため、IPOの抽選で当選するためには、主幹事証券会社からのIPO申込はかなり重要になってきます。

ほかにも、当選するためにはできる限り当選確率を上げていく方法を理解し、実践していく努力が必要です。

新規上場承認されたIPOと主幹事証券会社の調べ方は下記の記事を参考にしてください。

まとめ

主幹事証券会社は、IPOを行う企業やIPOの投資を行う投資家にとっても重要になることを解説してきました。

  • 主幹事は未上場企業のIPOを成功させるために重要な役割を果たす
  • 上場後も企業が成長していけるようにサポート
  • 主幹事が引き受けるIPO株数は8割~9割になり1番多い
  • 個人投資家は当選するために主幹事からのIPO申込は必須

IPOの当選を狙うには、とりあえず主幹事証券会社から申込みを行うことが最優先です。

当選確率を上げていくためには、抽選回数を増やすために主幹事以外の幹事証券会社からもできるだけ多く申込みを行っていく事も重要にってきます。

IPO初心者の人がこれから必要な証券会社選びをするなら、まずは下記の記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました