SBI証券のIPOチャレンジポイントキャンペーン開始!PO銘柄購入で最大51ポイント!IPO落選で2倍!

SBI証券のIPOチャレンジポイントゲットキャンペーンが開始されました。

キャンペーン期間は、2020年8月18日 (火) ~ 2020年12月30日 (水) までの期間限定となっています。

公募増資・売出 (PO) 銘柄購入で1銘柄につき最大51ポイントプレゼントは、過去に行ってきたキャンペーンの中で最大のポイントプレゼントキャンペーンになっています。
前回のPO銘柄購入キャンペーンで、1銘柄につき最大11ポイントプレゼントが最大でしたので、4倍ちかくの大幅ポイントアップになっています。

もう1つは、新規上場株式 (IPO) で落選した場合は通常1銘柄につき1ポイント貰えていましたが、キャンペーン期間中は2倍となるので、両方のキャンペーンを合わせると大量のIPOチャレンジポイントが放出されることになりそうです。

IPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーンの概要

キャンペーン概要は以下になります。

出典:SBI証券

今回のキャンペーン期間は、かなり長くなっています。

インターネットコースとダイレクトコース及びIFAコースからの申込者が対象です。

新規上場株式 (IPO) の落選で通常の2倍IPOチャレンジポイントの付与は、誰もが平等にゲットできそうですが、公募増資・売出 (PO) でのIPOチャレンジポイント付与はかなりの差がでてきそうです。

公募増資・売出 (PO) でIPOチャレンジポイントをゲットするには、POのブックビルディングに申しこみをして

  • 当選か補欠当選で購入した人
  • 補欠当選で購入申込をして繰上抽選に落選した人

公募増資・売出 (PO) では、ブックビルディング後の抽選での落選はポイントが貰えません
補欠当選で購入申込をして、繰上抽選での落選でポイントが付与されることになっています。

実際どのようにポイントが、1銘柄につき最大で51ポイントも貰えるのか気になりますよね。
その条件を確認してみましょう。

IPOチャレンジポイント最大51ポイントゲットまでの条件

出典:SBI証券

まずは、『当選』『補欠当選』して購入申込をすれば1ポイントは確実になります。
『補欠当選』の繰上抽選で落選しても1ポイントは貰えます。

最大ポイントまであと50ポイントありますが、1単元 (100株) の購入につき1ポイントが貰えるので、上限の50単元 (5,000株) の申込みをし、すべて当選して購入すれば50ポイント貰えることになります。

購入申込での1ポイントと50単元 (5,000株) 購入での50ポイントを合わせて51ポイントになるようですね。

ちなみに、『当選』の上限50単元と『補欠当選』での繰上当選の上限50単元は別々の上限になっているようですが、IPOチャレンジポイントが貰える上限は1銘柄につき51ポイントまでになっています。

POのブックビルディンで70単元 (7,000株) 申込み

  • 40単元 (4,000株) 当選して購入
  • 30単元 (3,000株) 補欠当選ですべて繰上当選して購入

この場合だと、『当選』で1P+40Pで41ポイントと『補欠当選』の繰上当選で1P+30Pで31ポイントになり合計で72ポイントとはならず、上限の51ポイントまでしかもらえません。

51ポイントまでの道のりは厳しそうですが、できる限りポイントをゲットしていきたいところです。

公式サイトサイトはこちら ⇒ SBI証券

今回のキャンペーンについて

IPOチャレンジポイントキャンペーンの詳細を確認してきました。

最大51ポイントを貰うためにはかなりの資金が必要となり、少額資金でIPO投資を行っている人にとってはハードルが高すぎる気がします。
資金に余裕がある人でポイントを大量ゲットしたい人にとってはありがたいかもしれません。

POの申込み方法は、ブックビルディングを行い抽選で当選者を決定する流れなのでIPOの申込み方法とよく似ています。

しかし、POで利益を出す場合はそれなりの投資判断が必要です。IPOみたいに初値で売って簡単に利益が出せるという投資とは違います。

もし最大51ポイントを狙うには、50単元 (5,000株) も購入をしなければいけないので、相当な余裕資金がないとハイリスクになりかねません。

IPOの落選でポイントが2倍になるのは嬉しい事ですが、今回のキャンペーンを確認して、IPOチャレンジポイントでのIPO配分も資金力がある人の配分枠になってしまうのではと感じてしまいます。
最低でもIPOの落選でポイント2倍キャンペーンは必ず参加しないと、かなりのポイント差が出てくると思います。

各証券会社でIPOを購入できるルールは違うので、そのルールにそってできる限り当選確率を上げていくようにするしかありませんね。

POの購入は、IPOとの兼ね合いも考えて資金と相談しながら、ポイントをゲットしていけたらと思います。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

タイトルとURLをコピーしました